アクセルとブレーキの踏み間違いによる自動車事故について

駐車場に車を停めようとしてブレーキとアクセルを間違え、店舗に突っ込んでしまうという事故のニュースをたまに見かけます。昨今、こういったブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が数多く発生しています。
そして、このような事故は高齢者が起こすものと思われがちですが、意外と若い人が起こすケースも少なくありません。

「自分は間違ったりしない」と過信していると、いざ踏み間違えた時にパニックを起こして余計にアクセルを強く踏み込んでしまう事があるそうです。

最近では、こういった事故が問題視され、様々な対策が施されつつあります。

自動車メーカーでは、急発進を防止する仕組みや、センサーで障害物を感知して自動的にブレーキをかける装置が開発されています。

店舗側でも駐車場の車止めを強化するなどの対策がとられています。ですが、そもそもアクセルとブレーキが同じ場所にあり、同じ操作方法である事が問題なのではと私は考えます。
私は下肢に障害があるため、手動でアクセルとブレーキを操作できるよう車を改造しています。

この様な手動装置にもいくつか種類があり、操作方法がそれぞれ異なっているのですが、私の使用しているタイプの物は、レバーを押すとブレーキ、手前に引くとアクセルとなっています。

他にも、アクセルはバイクと同じようにスロットル操作となっているタイプもあります。
いずれにしろ、アクセルとブレーキで操作が異なっているため、間違えるという事はまずあり得ません。

今後、自動車がどのように進化するかわかりませんが、「アクセルとブレーキは足でペダルを踏むもの」という固定概念に縛られず、より安全な乗り物へと進化してくれる事を願っています。

http://www.izu-oshima.or.jp/work/tax/
http://www.tokyo-tc.or.jp/index.cfm
http://www.osaka-tc.or.jp/

土地活用の情報を提供しているサイトです。



関空の駐車場をご提案いたします。

中古のヴィッツサポートと断言できます。